2008年06月15日

燃費向上のためのエコドライブその2

燃費向上のためのエコドライブその2

3.エコドライブ法その1、アイドリングストップの勧め
不要なアイドリングをやめましょう、人の送り迎えや荷物の積み下ろしのための駐車のときはエンジンをこまめに切りましょう。

アイドリングに使う燃料は1分間で約28cc、10分なら約0.3リッターといわれています1ヶ月、1年と続けていくと大変な量となります、燃費の向上と環境保護のため今日から実行してみたらどうでしょうか。

(アイドリングストップで注意したいことがあります、エンジンを止めるとエアバッグ等の安全装置が機能しないので万一追突の危険がある場合などはアイドリングストップをしないのが安全優先の観点からいいと思います。)

4.エコドライブ法その2、エンジンブレーキを積極的に使いましょう

エンジンブレーキはフットブレーキを使わずにエンジンの負荷で減速する方法です、運転免許証を持っている方ならご存知ですよね、(^_^;)

エンジンブレーキを使うとある程度のエンジン回転がある場合には燃料の供給がストップ(フューエルカット機能)されるので、2%ほど燃費が改善されます、

止まることがわかっている場合は早めにアクセルから足を離してエンジンブレーキを上手く使うことで燃費向上になります、

燃費向上のためだけではなく坂道を下るときはフットブレーキだけに頼らずエンジンブレーキを有効に使いましょう。
フットブレーキの異常高温による効き目の劣化や、ブレーキパッドの磨耗の防止のためにもエンジンブレーキの使用には慣れておくことをお勧めします。
今日も燃費向上、エコドライブに励みましょう。
ラベル:燃費向上
posted by cotton at 09:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月14日

燃費向上のためのエコドライブその3

燃費向上のためのエコドライブその3

5.エコドライブその1、タイヤの空気圧をチェック!
タイヤのトラブルって多いですね、ロードサービス
さんのトラブル依頼件数でも第3位だそうです、タ
イヤは唯一地面と接触している部分なので燃費以前
に安全の上でとても重要ですね。

空気圧が不足していると走行の抵抗が増して燃費の悪化に
つながります、タイヤの空気圧がメーカー設定値
より0.5kg/ch2足りない場合、高速道路走行で4.8%
程度、市街地走行で2%程度、郊外走行で4%程度そ
れぞれ燃費が悪化するそうです、燃費向上の敵と同時に
バーストなどの原因にもなりかねませんね。

安全運転のためにも、空気圧のチェックを定期的に
行いましょう(タイヤの空気は時間の経過と共に抜
けていくので気がつくと減っていたということも少
なくありません。

6.エコドライブその2、不要な荷物を降ろしましょう

この項目は案外盲点です、めったに使わない荷物
(ゴルフバッグ、キャンピング用品、スキー用具
など)は車から降ろすように気をつけましょう、
100kgの不要な荷物を載せて走ると、約3%程度燃
費が悪化します。大人2名分の重量ですね。

7.エコドライブその3、エアコンの温度設定に気をつけましょう

エアコンの使い方は燃費に大きく影響します。
コンプレッサーを作動させるため、エンジンに
負荷をかけ燃費悪化の原因となります。

外の温度が25℃でエアコン温度を24℃に設定す
るとそれだけでも燃料消費量が12%程度増加す
るそうです、車内でも冷やしすぎには注意して
快適エコドライブに励みましょう。
posted by cotton at 10:10| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。